母の身勝手な行動と薬の暴飲に振り回される日々

「娘さんにお願いしたいことがあるのですが」と、電話をもらった。母のことで、ケアマネージャーさんからだ。
なんだろ・・。ちょっとこわいと思ったが、何でも母が勝手にモルヒネを乱用している傾向があるという。

私も母が痛みに弱いことは知っている。結構若い頃から常習者のようにも思っていた。何しろ母は看護婦なので精通しているから、素人の私なんかには手に負えない。母は直腸がんで糖尿、足の痛みも抱えていて、国立病院にも通っているが、そこで知り合った先生が開業した際、内緒で多めに鎮痛剤をもらっているという話しを、実際に母から聞いていた。だから国立病院に行く頻度も減っている。そしてケアマネージャーさんからは頻繁に電話をもらう。薬に注意していてほしい、という連絡だ。

病歴も多く、人工肛門を余技なくされた障害者の母はストーマ装具(蓄便袋)やストーマ用品も必要だ。私が送り迎えをする頻度も半端なく多い。障害者用品を扱うお店や前述した病院、買い物などあるけれど、月に一度、薬局側からの訪問もあり、ちゃんとしたお薬手帳も持っている。その薬局からも、なんだか薬の飲み方が悪いのか、しょっちゅうお説教をくらっている現場を目撃している。母は本当に人の言うことなんか無視できてしまうし、誰になにを言われようとへいっちゃらだ。何しろ看護婦だから「知ってるもーん」という感じなのだろう。「わかっててやってるもーん!」という腹なのだろうか。だから私などは巧みな話術で手下のように使われてしまう。

それだけならまぁ、よしとしよう。けれど迷惑なのは勝手なことをしておいて、始終救急車で搬送されることである。病院へかけつけると、ケアマネージャーさんや医師とも喧嘩腰にさえなっている。その常套句はこれだ。
「どうして救急車呼んだのよ!あのまま死なせてくれれば良かったのに!」
 なので、周囲もほとほと手を焼く存在なのだ。

この数年間、母の身勝手さと入院はほぼ連動して繰り返されている。困るのは、母ではなく民生員の人とケアマネージャーさん、私以外にも、最近病院スタッフが加わった。何しろ「まだ検査段階で、退院許可は出せません!」と言ってるスタッフに
「私を騙さないでちょうだい。こんなに時間がかかるわけないでしょう!」と、食ってかかる。一刻も早く退院して痛み止めを飲みたいのだろうと、ケアマネージャーさんも言うが、その暴飲を止めるためにも一時入院は必要なのだ。

薬剤師の友人に相談したりしながら、なんとか母の薬の暴飲を止めたいと思っているが、頼みの綱の知人も、http://薬剤師求人総武線.comというサイトで転職に成功し、生活スタイルが変わってしまったのでなかなか相談できなくなってしまった。
そんなこんなの日常、どこまでみんな耐えられるのか、今日は呼び出されないか肝を冷やす日々である。

片目はぱっちり二重!なのにもう片方は残念一重…

父はぱっちり二重。母は奥ゆかしい奥二重。
目の形が遺伝するなら、私だって二重になるはずでした。それなのに…どういうわけか、右目だけ一重になってしまったのです。

小学生の頃は、ヘアピンを目の上にあてて、いつか二重の線が出るようにグイグイ押していました。中学生になると、少しやんちゃなお友達に教えてもらい、片目だけアイプチをしました。高校生になればお化粧を覚えるので、アイラインやビューラー、マスカラを使ってなんとかぱっちりな目になるように努力し、大学生では片目だけ(!)つけまつげデビューもしました。それでも一向に両目のバランスはとられることはなく、右目は悲しいほどに小さな一重まぶたのままです。

姉は父の目を引き継いでぱっちり大きな二重まぶた。妹はなぜか両目とも一重ですが、バランスが取れて落ち着いたアジアンビューティーに思います。必ずしも二重がいい、一重はだめ、ということではなく、この歳になると顔のパーツが左右対象であることが美の秘訣だと気づきました。一重まぶたの人でもお化粧でいろんな表情を作れます。ある芸人さんがお化粧と自撮りのスキルを存分に発揮していることも最近の話題です。

しかし、両目で違いがある場合はどうしたらいいのでしょう。誰しもが多少は左右の目の大きさが違います。しかしあまりにも大きさが違い、さらには一重と二重とに分かれてしまっているとなれば、アンバランスな印象は拭えません。

一世一代の結婚式。プロのヘアメイクさんでさえ、目のお化粧にはとても苦労され、出来上がった写真を見てとてもショックを受けたのを覚えています。左目には部分的なつけまつげとマスカラをするだけで、十分大きな目になったのに、左目にはこれでもかと濃いアイラインが引かれていたのです。鏡を見るだけでは何となくバランスが取れていたように思えましたが、下を向くと太いアイラインがとても目立ち…この顔で大勢の前に立っていたのかと思うと悲しくなりました。

両目で違いがある人のお化粧のスキルを、もっと広げてほしいです。今は埋没法 平行二重という、比較的簡単な整形で二重になれるようで、いつまでも目のことで悩むぐらいなら整形してみようかと真剣に考えています。

予防接種とアレルギー通院で大阪の病院を掛け持ちな我が家

我が家では毎年家族4人全員、インフルエンザの予防接種をしています。
勿論、予防接種を受けても感染するリスクがあることは理解していますし、予防接種しなければダメ!と強固に勧める気もありません。

ただ、我が家の事情として双方の実家が遠方の関東であること(我が家は大阪在住です)、4歳の上の子が幼稚園でもらってくるリスクが高いこと、感染した場合2歳の下の子と完全に隔離するのは難しいこと、私がインフルエンザになったら夫が仕事を休まなければいけない可能性などの理由から、予防接種を選択しているというだけです。

ですが、この接種する時期が今年は特に難しいと思います。
そもそも10月の段階でインフルエンザのワクチンが不足しており、受けられる機会が極端に少ないことです。
早いところでは10月、11月で予約がいっぱいになり、締め切ったところもあるそうです。
時間が経てば在庫不足は落ち着くという話でしたが、今もワクチンの在庫が復活した!という話は聞いておりません。

そしてもう1つの理由が、流行する時期です。
近所の浪速区の小学校では、今年5月にインフルエンザが流行し、学級閉鎖になったクラスがあるようです。
昨年秋に接種したワクチンも、5月には効果が薄れていたのか、感染者はかなり出た模様です。
今年流行した時期を踏まえると、なるべく遅めに接種したいと思っていた保護者の方は多いはずです。
早く打てば効き目はその分早く終わるし、遅く打てば今度は在庫がないと言われ・・・今年はタイミングが非常に難しいです。

結局、我が家は10月と11月に無事子供を2回接種させることができました。
去年2回目の接種のタイミングで熱を出してしまい、風邪が治まるまで打つのは控えようということになり、やきもきしたためです。
健康なうちにさっさと済ませてしまおうというのもあります。

それにしても3800円の注射が家族4人で6回分、しめて22800円。
健康のためには仕方ないとはいえ、100%感染しない保証があるわけでもないのに、この値段は厳しいです。
最近ワクチン足りないからといって、近所の小児科はなぜか4200円に値上げしていました。
ただでさえ、うちの子たちは年中アレルギー持ちで投薬代もバカになりません!
病院と薬局でのお薬代・・・この時期は我が家の家計にとって特にイタイ時期です。
でも、子どもたちは薬局でタダで飲めるジュースをいつも楽しみにしているのです(笑)。
薬剤師さんもみなさん優しいですしね。
【http://薬剤師求人大阪病院.com】

というわけで、タイミングや値段等それぞれメリット、デメリットがありますから、色々考慮して接種時期を決めることをおすすめします。

やっぱり医者はプライドが高い

つくずく思うのですが、お医者さんて、プライドの高い方が多い職種ですよね。
たまに親身になってくれる穏やかな先生も居ますけれど、そういった方は確固たる自信がそうさせている訳でしょうか。最近はパワハラならぬ、医者ハラ!なんて言葉もあるそうで。。。

先生と上手くいかない。
キツイ言葉を投げかけられる。
親身に対応してもらえない。
エトセトラ。。。

こういったこと、よく経験して来ました。確かに人の苦しみや命を救って下さるのだから、貴重な仕事であるのは間違いありませんし、尊い存在だと実感もしているのですが、そこに毎日(先生、先生、先生のお陰です)と言われたら、人間勘違いもしてくるわなーと思い分からなくもないけれど、人間的に優しい方が少なすぎる気がします。もっとカルテよりも、ひとを、見て欲しいですよねー。

以前、有名な政治評論家の女性が話していましたが、相手が親身に話を聞かないときは、あえて小さい声でたどたどしく話したりするそうです。そうする事で相手はなんとか聞き取ろうとして親身になって聞いてくれたりする。とのこと。。。実際に、あまり人の話を聞いてくれない病院の先生の所に子供のために通わねばならず、この方法やったことがありますが、なかなか効果的面でした(笑)

今は熊本市にあるさくらんぼこどもクリニックに通っているのですが、ここの先生は女医さんなのですが、とてもいい先生です。どの病院のお医者さんもこのような方だったらいいのにと思いますが、なかなかそうはいきませんね。それでも、かかりつけ医の先生とは良好な関係を築きたいものですが、やはりお互い人間なのでうまくいかない時もあります。

そういう時、思うのが医者を変えようかなと言う事なのですが、見立てが良いと言うことがやはり大事なので、見立ての良さを疑うようであればすぐにお医者さんを変えますが、何度か見立ての良さを実感していれば少し気まずい時期も、正直になることで、もしまた関係がうまくいけばそのまま通うことにしています。まぁこの時期が結構ストレスなんですけどねー。

とにかく上司と違って医者は選ぶことができるので、私は、ついついお医者さんに気を遣い過ぎてしてしまうので、いざとなったら「こちらはお客様」と言う気持ちを忘れないようにしています。患者側の立場だけでなく、看護師さんも就職先を探すときは病院の口コミなどを調べるようです。【看護師 求人 熊本市】これからの時代、口コミというツールがあるので、怖いですね(苦笑)

我が家のシニア犬はドッグフードで態度が変わる

我が家のわんこは、現金だ。普段はお座りすら出来ないくせして、食べ物をちらつかせるとあら不思議。お座り出来ちゃうんだな。

出来るなら最初からやりなさいって思うけど、でもそのお座りの仕方がまたなんていうのかな。変なんだよね。変というよりはやる気がないというか。仕方なく座ってあげてるんだぜって感じの横座りなんだよね。さすが、我が家のダメわんこ。それでもお座りはお座りなわけで、ご褒美あげちゃう私も悪いんだけど。そんなことを続けてたら、いつの間にかスレンダーだったわんこは少し逞しくなってしまったんだ。だから、運動不足だったわんこと共に私もダイエット。いつでもどこでも何をやるにも一緒なのさ。まずはサボりがちな散歩からと思ったんだけど、我が家のわんこはリード嫌い。リードを見せた瞬間、

今まで上がっていた尻尾が下がる下がる。そんなわんこにリードをつけると直立不動になるんだな。どんだけリードが嫌いなのさ。それでも散歩に行こうと思ったら、家を出て数歩で抱っこの催促。諦めるのが早いぞわんこ、私より根性なしだな。結局お家にUターンして、散歩はその日で終了となった私たち。でもね、そのあとなんとかダイエットに成功した我が家のわんこは、今日も私に食べ物の催促。唯一できる芸はお座りで、そのお座りもやる気のない横座りだけど、それ見てると癒される。なんだろ、これがアニマルセラピーなのか。馬鹿な子ほど可愛いってやつなのか。

そうなんだな。どんなにダメダメなわんこでも、やっぱり我が家の一員なのだ。それにね、いつも一緒にいるからなのか行動パターンがわかってしまう。言葉だって通じなくても目を見てるとなんとなく通じるものがあるんだな。ああ、このわんこちょっと今イラってしたわ。ごめんね、もうお尻突かないから。プニプニなのが悪いんだ。こんなダメダメな私とダメダメな我が家のわんこ、でもだからこそお互いがベストパートナーになれるってもんさ。可愛い可愛い我が家のわんこ、これからも共に歩んで行こうね。もう7歳。シニア犬なのでドッグフードには相当気を使う。ドッグフード7歳以上にはこれがいいみたいですよ。

大好きな水たきを食べられた日

水炊き
家に帰ると白菜が水につけてありました。もしかして夜ご飯水たきかなぁーと思いました。母に夜ご飯何と聞くと水たきよと言っていました。あたりました。とても嬉しかったです。

私は水たきが大好きです。ご飯と水たきの中身は野菜は白菜とえのきとねぎが入っていました。あとお豆腐とお魚のアラとお肉のかしわと豚肉が入っていました。色々な物が入っていてバランスがいいと思います。熱々で食べられるのでいいと思います。水たきにつけて食べるタレはかぼすをしぼった中に醤油と水たきの汁を入れた物です。

生のかぼすでしぼるのに凄く時間がかかりました。母は力があるのでスムースにかぼすをしぼっていました。凄いと思います。かぼすのいい香りがしていました。やっぱり生のかぼすは違うなぁーと思います。大分県で買ったかぼすです。とても色がきれいです。とてもさっぱり食べられます。水たき冬に食べる事がほとんどですが夏でもいいと思います。

野菜はとてもシャキシャキしていました。甘みがありました。お豆腐お鍋からとる時くずれにくくてとりやすかったです。ふわふわで美味しかったです。中まで温かく食べられるのが魅力的だと思います。お魚のアラたくさん入っていました。身のところは柔らかくて少し脂があるところもあってコラーゲンがとれました。水たきの時にお魚をたくさん食べたのは初めてです。お肉かしわと豚肉2つ入っていて贅沢だと思いました。歯ごたえがある部分と柔らかいところがありました。さっぱりしていました。マロニーが入っていなかったのでとても残念です。それぞれの食材のうまみが出ていました。

母はフライパンで水たきを作っていました。お手軽だと思います。でもやっぱり水たきは土鍋の方が水たきらしいなぁーと感じます。母は家でかぼすをしぼった物か鍋のもとで買うとしたらキムチ鍋のもとを買います。色々こだわっています。また手作りの水たきが食べたいです。冬がまちどおしいです。今度食べれるのがとても楽しみです。