父はぱっちり二重。母は奥ゆかしい奥二重。
目の形が遺伝するなら、私だって二重になるはずでした。それなのに…どういうわけか、右目だけ一重になってしまったのです。

小学生の頃は、ヘアピンを目の上にあてて、いつか二重の線が出るようにグイグイ押していました。中学生になると、少しやんちゃなお友達に教えてもらい、片目だけアイプチをしました。高校生になればお化粧を覚えるので、アイラインやビューラー、マスカラを使ってなんとかぱっちりな目になるように努力し、大学生では片目だけ(!)つけまつげデビューもしました。それでも一向に両目のバランスはとられることはなく、右目は悲しいほどに小さな一重まぶたのままです。

姉は父の目を引き継いでぱっちり大きな二重まぶた。妹はなぜか両目とも一重ですが、バランスが取れて落ち着いたアジアンビューティーに思います。必ずしも二重がいい、一重はだめ、ということではなく、この歳になると顔のパーツが左右対象であることが美の秘訣だと気づきました。一重まぶたの人でもお化粧でいろんな表情を作れます。ある芸人さんがお化粧と自撮りのスキルを存分に発揮していることも最近の話題です。

しかし、両目で違いがある場合はどうしたらいいのでしょう。誰しもが多少は左右の目の大きさが違います。しかしあまりにも大きさが違い、さらには一重と二重とに分かれてしまっているとなれば、アンバランスな印象は拭えません。

一世一代の結婚式。プロのヘアメイクさんでさえ、目のお化粧にはとても苦労され、出来上がった写真を見てとてもショックを受けたのを覚えています。左目には部分的なつけまつげとマスカラをするだけで、十分大きな目になったのに、左目にはこれでもかと濃いアイラインが引かれていたのです。鏡を見るだけでは何となくバランスが取れていたように思えましたが、下を向くと太いアイラインがとても目立ち…この顔で大勢の前に立っていたのかと思うと悲しくなりました。

両目で違いがある人のお化粧のスキルを、もっと広げてほしいです。今は埋没法 平行二重という、比較的簡単な整形で二重になれるようで、いつまでも目のことで悩むぐらいなら整形してみようかと真剣に考えています。