つくずく思うのですが、お医者さんて、プライドの高い方が多い職種ですよね。
たまに親身になってくれる穏やかな先生も居ますけれど、そういった方は確固たる自信がそうさせている訳でしょうか。最近はパワハラならぬ、医者ハラ!なんて言葉もあるそうで。。。

先生と上手くいかない。
キツイ言葉を投げかけられる。
親身に対応してもらえない。
エトセトラ。。。

こういったこと、よく経験して来ました。確かに人の苦しみや命を救って下さるのだから、貴重な仕事であるのは間違いありませんし、尊い存在だと実感もしているのですが、そこに毎日(先生、先生、先生のお陰です)と言われたら、人間勘違いもしてくるわなーと思い分からなくもないけれど、人間的に優しい方が少なすぎる気がします。もっとカルテよりも、ひとを、見て欲しいですよねー。

以前、有名な政治評論家の女性が話していましたが、相手が親身に話を聞かないときは、あえて小さい声でたどたどしく話したりするそうです。そうする事で相手はなんとか聞き取ろうとして親身になって聞いてくれたりする。とのこと。。。実際に、あまり人の話を聞いてくれない病院の先生の所に子供のために通わねばならず、この方法やったことがありますが、なかなか効果的面でした(笑)

今は熊本市にあるさくらんぼこどもクリニックに通っているのですが、ここの先生は女医さんなのですが、とてもいい先生です。どの病院のお医者さんもこのような方だったらいいのにと思いますが、なかなかそうはいきませんね。それでも、かかりつけ医の先生とは良好な関係を築きたいものですが、やはりお互い人間なのでうまくいかない時もあります。

そういう時、思うのが医者を変えようかなと言う事なのですが、見立てが良いと言うことがやはり大事なので、見立ての良さを疑うようであればすぐにお医者さんを変えますが、何度か見立ての良さを実感していれば少し気まずい時期も、正直になることで、もしまた関係がうまくいけばそのまま通うことにしています。まぁこの時期が結構ストレスなんですけどねー。

とにかく上司と違って医者は選ぶことができるので、私は、ついついお医者さんに気を遣い過ぎてしてしまうので、いざとなったら「こちらはお客様」と言う気持ちを忘れないようにしています。患者側の立場だけでなく、看護師さんも就職先を探すときは病院の口コミなどを調べるようです。【看護師 求人 熊本市】これからの時代、口コミというツールがあるので、怖いですね(苦笑)